花粉症?風邪?鼻がムズムズ、くしゃみが止まらない!

シドニー生活のコツ

Sinus wash(鼻うがい)ですっきり!効果抜群

来週からサマータイムが始まり夏に向かっていくオーストラリアですが、9月の今は花粉症の時期真っただ中です。職場や友達の中でも

「くしゃみ止まらまい」

「風邪なのか花粉症なのか分からないが鼻の奥がムズムズする」

「鼻水止まらなくて仕事に集中できない・・・」

というような声をよく聞きます。

私も2週間前から風邪ではないのに鼻水が止まらなくなり大量のティッシュを使い続けていました。

そこで試したのがSinus wash(鼻うがい)

この効果が抜群でした(使い続ければの話)ので使い方の説明をその後の変化をお伝えしようと思います。

これが鼻うがいをするためのボトルです。

 

どこで買えるのか

 

 

 

この専用ボトルと専用パウダーはシドニーではいたるところに店舗のあるPliceline Pharmacyで買ったもの。オージー彼曰く、専門パウダーは食塩でも代用できるとのことで私も試しましたが、やはりこのパウダーの方が不快感がなく良いと思いました。

使い方

1.ボトルをよくすすぎます。

2.専用パウダーをボトルに入れてぬるま湯をFull Lineまで入れて蓋をしたらパウダーが完全に溶けるまでしっかりとよく振ります。

3.片方の鼻を指で抑え閉じ、もう片方にボトルの先端を入れます。

4.少しかがんでボトルの両ふちに表記されているSqueeze hereを押しながら、口呼吸をする。

5.流しこんだものを口、鼻から出す。

6.同様に反対側の鼻でもやる。

鼻うがいをするときの注意点・コツ

自分以外の他人とは共有しない

衛生上好ましくないので自分専用のボトルを買いましょう。我が家では、オージー彼のものと私のものそれぞれにテプラで名前を付けています。使用後はしっかり洗って乾かしましょう。

鼻うがいをするにふさわしい場所

鼻うがい(鼻洗浄)をするということは鼻の中のアレルギー物質、ウィルス、汚れなどを流し出すということです。慣れるまでには少しコツもいりますので、せめてそれまでの間だけでもシャワーをしながら鼻うがいをすることを衛生面を考慮したうえでおすすめします。シャワーを浴びながら汚いものをきれいさっぱりいっきに落としてしまいましょう。

食塩より専用パウダーを使うメリット

これはそれぞれ個人差があると思いますが、私は食塩で試した時に鼻にジーンと痛みを感じて途中でやめてしまいました。オージー彼は食塩派だそうです。(コスパ的には良いですね♪)

絶対水を使わない!

これとっても大事です。お水で鼻うがいすると鼻に痛みを感じます。子供の頃、プールの最中誤って鼻に水が入っていやーな不快感を覚えたことはありませんか?幼少時代は水泳のエキスパートでそんな経験がないという方でも不快な思いはして欲しくないので、必ずぬるま湯を使用しましょう。

最低3日の鼻うがいが必要なワケ

最低3日は連続で毎晩シャワーの際にお使いいただくことをお勧めします。鼻の中のほこりやばい菌を根こそぎ洗い流すにはたった1回の使用では不十分です。

鼻うがいの後は鼻を強くかまないこと

私はこれをしてしまい、その後に両耳が痛くなりました。鼻うがい後はどうしても鼻水は出てきます、ですので優しくかみましょう。

まとめ

鼻うがいを最初に聞いたときは、痛いのではないかとか不快なんじゃないかと不安でしたが、勇気を出してインストラクションの通りに実行してみると、終わった後とーっても気持ちがいい!!

特にシャワーの最中に行っているので自分の体の内側からも汚れを根こそぎ取っている感じがして気分爽快です。

今ではこれをやらないと逆に不快で、毎日の私の日課となっています☆

 

コメント