【海外でも人気】SEPHORA(セフォラ)のコスメが優秀な3つの理由

コスメ

最近では日本でも人気となってきているSEPHOTA(セフォラ)。

海外、私の住むオーストラリアのSEPHORAはいつもお客さんでいっぱいです。

週末は混んでいるから平日の昼間にでもと思って訪れても、仕事の合間に来ているようなお客さんも多い様子でSEPHORA(セフォラ)の海外での人気度を感じます。

私はコスメ好きなので、SEPHORA(セフォラ)によく通い色々集めています!

特にアイシャドウとリップは本当にSEPHORA(セフォラ)が優秀で人気理由も納得できますしどんどんSEPHORA(セフォラ)ファンが増えるであろう3つの人気理由について書こうと思います。

SEPHORA (セフォラ)とは

概要[編集]
1970年にパリで創業し、1997年からLVMH傘下。顧客が幅広い商品を、ブランドの垣根を超え自由に手にして試す事ができるのが特徴である。パリ市内では、シャンゼリゼ大通り、サンジェルマン大通り、リヴォリ通りのパリ市庁舎界隈、オスマン大通りのギャラリー・ラファイエット界隈以外にも各所に路面店舗等がある。
1998年、ニューヨークに1号店を開いて北米に進出。さらに1999年からはアメリカを皮切りにオンライン販売に参入した。現在27か国に1300を超える店舗を展開し、アメリカでは2006年から百貨店・J.C.ペニーの店舗内にも出店している。
日本における展開[編集]
日本では1999年11月、東京都中央区銀座の松坂屋並びに1号店をオープン。7店舗まで拡大したが、業績不振により2001年12月までに全店を閉鎖し撤退した。不振の理由として、シャネルなどLVMHグループ外の有力ブランドを仕入できず、品揃えの面で百貨店に対抗できなかったことが挙げられている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

SEPHORA(セフォラ)って何となくアメリカからのブランドかと思っていましたらパリだったのですね。

何故アメリカだと思っていたのかというと、ハワイに行った友人が鼻息を荒くしながら「ハワイのアラモアナ店のSEPHORA(セフォラ)がめっちゃ広くて種類豊富で豪華だった♥」と言っていたからでしょう!

27か国まで世界展開して成功したようですが日本では業績不振により2001年に撤退したようです。

しかし最近では日本でSEPHORA(セフォラ)のコスメファンも増えて人気になってきていますからまた再び店舗がオープンすることを期待したいです。

SEPHORA(セフォラ)が優秀である3つの理由

海外や日本でも人気なSEPHORA(セフォラ)ですが、全世界で何故こんなにも虜にさせるのかという3つの理由です。

理由その①豊富なカラーと質の高さ

SEPHORA(セフォラ)の店舗に行ったことがある方ならご存知かと思いますが、リップスティックやアイシャドウ等、カラーバリエーションが半端なく豊富です。

コスメ好きの人にとってSEPHORA(セフォラ)の店舗はパラダイスでいくらでも長居できます。

例えばSEPHORA(セフォラ)の「クリームリップステイン」(AUS$20 日本円約1,500円)は全カラー90色でかなり豊富です。

これだけカラーが豊富でコスパが良いと気軽に新しい色にもトライできますよね!

そして伸びが良く、しっかり唇に密着するして色落ちしにくいのも特徴。

なのでこのSEPHORA(セフォラ)のクリームステインリップを始めて使用した時は、これまでのリップスティックを付けた時とは全く違う感覚が生まれました。

色落ちに関しては本当に驚きの素晴らしさで、勿論カップとかグラスにはある程度付いちゃいますが、唇には付けたままの色味がずーっとキープされています。

一般的にパープルやレッド系のリップスティックはマメに付け直しが必要なイメージがありますがSEPHORA(セフォラ)のクリームステインリップは付け直しが全く必要なくて色味が唇の皮膚にしっかり入り込んでる感じです。

旅行時は自分はこの3色をポーチに入れておいてTOPに合わせてチョイスしています。

左から12番、73番、94番です。

 

左の12番はジェシカアルバが品良くパープルリップをこなしているのを見て買いました。

この12番のパープルリップは夜出かける時などに使いますが、パープルリップは顔の印象をシャキっと見せてくれるのでおススメです。

真ん中の73番どんなメイクにも合わせられるので1本持っておくと便利。そのままで使えばマットなスモーキーメイクなんかにも合いますし、おススメの使い方がピンク系の口紅の上に重ね付けすること。だいぶ印象が変わるし、顔色やその日のメイクよって調合できる重宝するカラーですね。

右の94番もこれまた憧れのジェシカアルバ様がこんな感じのカラーを付けていて買っちゃいました。

夜のお出かけにもだけど、ファッションが全身黒の時なんかには94番の赤リップを登場させています。

さて、SEPHORA(セフォラ)は単色アイシャドウやアイシャドウパレットもかなり豊富です。

アイシャドウはここ数年SEPHORA(セフォラ)以外で買っていません。

理由は粒子の細かさでひと塗りで、たとえ指でササっと塗ったとしてもまぶたに広がるツヤ感・透明感を出しながらも目元にダークな深み、又はナチュラルな深み等を色味によって演出できます。

写真のアイシャドウパレットの中には12色のアイシャドウが入っています。

●真ん中から右→ダークカラー

●真ん中から左→明るいカラー

それぞれ4色以上入ってますので、1つのパレットナチュラルアイメイクorしっかりアイメークを選べ、さらにグラデーションができるのです。

しかもペンシルアイライナーとシャドウブラシ付きです。

これだけ入ってお値段はなんとAUD$34(日本円で約2,500円)

理由その②コスパが良い

SEPHORA(セフォラ)の価格の安さは先にも述べましたが、このクオリティーでこの値段は非常すばらしいです。パレットはもちろん、単品のアイシャドウを日本のお友達へのお土産にしてもいいかもしれませんね。軽いし安いですし!

この単色アイシャドウは大のお気に入り。ベースとしてまぶた全体に塗るだけでどんな色のシャドウとも相性抜群★

理由その③美容部員の知識の富さ

SEPHORA(セフォラ)のカラーは豊富なのでプロの手を借りて新たなカラーに挑戦するのも良いかもしれません。

美容部員のスタッフはメイクのプロフェッショナルですからプロ目線でのアドバイスやコメントをもらえますし、実際いつもSEPHORA(セフォラ)の店舗に行く度に綺麗にメイクを施してもらっているお客さんを見かけます。

あとはお店のテスターでまぶたにのせた後に「うーん、なんか違う。欲しいのはこういう色じゃない!」とコットンでふき取ってまた違う色をのせて、でもひとつ前のシャドウがしっかり落ちてなくて次の色と混じってしまって、、、こんな経験ありませんか?

私はSEPHORAの制服を着た美容部員の方に理想のメイクのイメージや色味を伝えたり、写真を見せたりしてまず最初に何点かチョイスしてもらうこともあります。

タイトルとURLをコピーしました