オーストラリア人男性との国際恋愛について

国際恋愛

私のパートナーはオーストラリア人で私たちはオーストラリアに住んでいます。

 

よく、オーストラリア人の彼氏やパートナーとの恋愛について驚きや戸惑いを感じたりする日本人女性を耳にします。

 

しかしそれは”オーストラリア男性”だからというのではなく、彼らがオーストラリアという”個人主義”の国にいるからなのです。

旦那や彼氏は金銭面のサポート役ではない

オーストラリア人の女性は結婚しても子供を産んでもほぼ100%働いています。

 

オーストラリアでは自立して生きて行ける女性が魅力の象徴です。

 

家にいて家事を完璧にこなし彼の帰りを待っているような女性を、そもそもオーストラリア人男性は求めていません。

 

家が散らかっていても、夕飯が冷凍ピザでも何も気にしない人たちですから(笑)

 

家事や料理をパートナーにやってもらったり、金銭面でサポートしてもらうという概念がそもそもないのです。

 

そりゃそうですよね、パートナーは保護者じゃないんですから。

 

そしてオーストラリアでは家事が出来ない男性は自立していない証拠です。

 

なので「専業主婦でいたい」という気持ちはオーストラリア人男性には理解不能なのです。

 

日本では経済的にも精神的にも頼ってくれる女性が好まれて、男性を持ち上げ、男性の自尊心を満たすかが、モテるための大変重要な要素となってきますよね。

 

だから日本にいた時、合コンとか大嫌いでした。

 

いかに男性を盛り立てるか、気配りをするよう(過度な)「女子力」発揮に夢中な女性たち。

 

その場にいるのも、見るもの嫌なので行かなくなりましたが。

 

その「女子力はオーストラリアでいうと、女性がいかに自立して言えるかを指すのです。

 

日本人女性の間ではオーストラリア人男性のことを「冷たい」とか「わびさびみたいなものがない」と思うケースがあるようですね。

 

もしかするとそれは自分自身が自立をしていないということもあるかもしれないのです。

 

パートナーの女性は「癒しを求める存在」ではありません。

 

オーストラリア人男性にとってパートナーは「互いを高めあう切磋琢磨し合える存在」なのです。

 

自分と相手を尊重

 

パートナーの女性が犯罪にでも手を染めない限り、相手を批判したり非難なんて絶対にしません。

 

「それが君の考えなんだね、もっと聞かせて。」なんて言って会話がはずみます。

 

相手は自分のパートナーや妻ですが、”所有物”ではないのです。

 

これはオーストラリアの子供が小さいうちからの親子関係も同様です。

 

親は小さな子供にも意見を聞き、述べさせます。

 

また、意思や意見だけでなく外見に関しても同じです。

 

そもそも個人を尊重するので人の外見にまであーだこーだ言いません。

 

というか人の外見をそんなに見ていません。

 

だから服装、体形を気にしない女性が多いのでしょう。

 

日本ってどうしてあんなに人の外見をいちいち批判するのでしょうね?

 

お笑い番組で女性芸人の見た目を笑いのネタにしているのを見ると本当気分悪いです。

 

得に、子供にとってああいった番組は悪影響だと思うのですが。

 

オーストラリア人男性は、自分の意見を持ってそれをきちんと発言できる女性に魅力を感じるのです。

 

前にオージー彼に、私の髪の毛をブルーにしたいと冗談のつもりで言いました。

 

なんの驚きもしていませんでした。

 

へ~そうなんだ、OK!って感じで(笑)

 

私は彼の所有物ではないので、当然ですが自分の好きな服を着て好きな髪の色を楽しんでいます。

 

それと、オージー彼のお母さんやお父さんにとっても私は”嫁”という所有物ではありません。

 

むしろ冗談で「彼、整理整頓出来ないみたいだけれど子供の時ちゃんと教えてあげたの?」

 

とか言っちゃえる仲です(笑)

個人主義だけれどとってもポジティブ

 

オーストラリア人男性は妻やパートナーのことをとてもよく褒めます。

 

彼らはとってもポジティブなんです。

 

相手の長所をすぐに見つけて口に出して言ってくれます。

 

「色んな女性に言っているんじゃないか」とか「どーせ口だけでしょ」とか思わず、

 

素直に「ありがとう」と言える女性が魅力的です。

 

いいじゃないですか、どうせ口だけでも(笑)

 

全力で拒否するよりも、笑顔でお礼を言いましょう。

 

そしてそういった彼らの素晴らしいスキルを盗みましょう!

 

まとめ

 

考えすぎたり、同じような立場の友達がいなくて、ネットでその国の男性の特徴を調べたりする人もいるかもしれません。

 

”オーストラリア人 男性 特徴” 等と・・・。

 

でももっとその国の文化や民族性に焦点を充ててください。

 

男性だって一人一人違うのですから。

 

その国の特徴や文化を学びつつお友達からスタートすればいいのです。

 

あえて学んでいたことによってすんなり打ち解けあうことも可能でしょうし、

 

逆に分からないことはどんどん質問し、お互いに文化の違いを理解し楽しみましょう。

 

きっと違和感なく彼と打ち解けあい、距離が縮まるはずです。