後悔なんてなし!31歳でギリホリした経験者が語る「絶対行くべき」

ワーホリ・留学

ギリホリだから、、、と迷ってないで絶対に行ってください!

帰国後のことや、年齢を気にして留学やワーホリを躊躇する方は多いと思います。

しかしその「年齢」は実はとっても大きな武器になるのです。

そう、ギリホリはとても有利なのです。

ギリホリ年齢の人はある程度のスキルがある

スキルというのは単に資格やキャリアというだけではありません。

人間関係の築き方、将来についての計画性、日本での仕事経験などある程度の年齢を超えなければ得られないスキルを実は沢山持っています。

特に日本での職場経験はどの国のどの職場へ行っても確実に評価されるポイントです

時間を守り、与えられた仕事を責任をもってやり遂げる、こういった私たちにとって当たり前なことが海外に出ると非常に強い武器になるのです。

日本人という強み

 

日本のパスポートが世界で一番信頼性が高いということをご存じですか?

ビザなしで渡航できる国の数が世界でトップなんです。

世界中で日本人はとても信頼されています。

私がギリホリに選んだオーストラリアは親日家が多いです。

自分が日本人だと自己紹介すると、かつて中学・高校で日本語を選択していたなんていう方に頻繁に出会います。

そしてご自身のお子さんにも日本語を第二か国語として学ばせる親御さんにも多く出会いました。

どうしてこの話になったかというと、私がギリホリでオーストラリアに渡ってきてあっさり時給$25のオーストラリア人ファミリーのベビーシッターの仕事を見つけることができたからです。

経験も英語力も本当にないのにですよ?

面接の際の自分の日本のパスポートの提示は非常に大きな強みとなりました。

だって、そのご家庭の家の鍵を渡されるわけですからね。

ギリホリ=若くはない!だから計画性がある。

なにも年齢が若いことが利点ではないんです。

年齢が若いと逆にまだ自分には時間がたっぷりあると思って、ただ遊んで帰国なんてことにもなりかねません。

その分ギリホリの年齢になるとある留学にお金や時間の無駄をかけません。

ギリホリ年齢はある程度の経験もあり、何というか「太々しさ」みたいものも備われてきているので、英語の間違いや聞き取れなくても一切気にも留めません。

私の英語力が伸びたのは確実にこの理由だと今も信じています。

ギリホリ年齢はお金の使い方が上手

 

日本を出る時点の貯金額などは人によると思いますが、少なくてとも貯蓄の仕方や計画性は十分熟知している年齢です。

私のように無スキル・英語力なしでも、時給$25の仕事を見つければ働きながら貯蓄することだって可能です。

私はその後、幼稚園教諭になるための専門学校に通い、スキル+英語力を身に着けました。

まとめ

ギリホリの利点は本当に沢山あります。

そもそも年齢関係なくワーホリや留学だけでも相当の人生の素晴らしい体験ができます。

私はもし自分がギリホリ後に日本に帰国していたとしても何の後悔もなかったでしょう。

海外での様々な体験や異文化、英語習得など「後悔」どころの話ではありません。

世界や考え方が変わります。

今まで当たり前だと思ってたことが実はそうでもなく、自分の考えや意思に対して誰も批判や非難なんてしません。

どんな服装をしてようがどんな外見だろうが、お母さんが2人いようが、義理のお父さんがいようがだれも何も気にも留めません。

ここオーストラリアでは「ごめんなさい」と言われるより「ありがとう」と言われることを好むくらい、すべてがポジティブです。

もしあなたが日本で首をかしげながら少々生きづらさを感じているならば、違う国でも自分が幸せだと思える居場所はきっとありますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました