オーストラリアのおすすめローカル美容院【Edwards And Co】

シドニー生活

海外でローカルの美容院行くと思うと「海外 美容院 失敗」と連想していました。

しかし私は勇気を出して初めて海外のローカル美容院に行って「大満足」を感じました。

以降、毎回海外現地の美容院でカットとカラーをしています。

この記事では海外で美容院に行く際のローカル美容院の選び方、値段、感想、メリット&デメリット、について書きます。

海外でローカル美容院に行くようになったきっかけ

新型コロナ前はオーストラリアから日本に割と頻繁に一時帰国しては、すぐさまヘアサロンTUMUGUに向かっていました。

表参道の有名ヘアサロンを経て独立されたTUMUGUのヘアスタイリストまるさん抜群のセンス、技術、頭脳の持ち主。

しかし今は新型コロナの影響で東京のヘアサロンどころか一時帰国さえも困難。

しかも美容院って「今行きたい」「今髪型変えたい」衝動にかれれません?

そんな時「3か月後の一時帰国まで美容院我慢するか」とか無理なんですよ。

そんな時、気がづきました。

オーストラリアのシドニーの街中を歩いていると素敵な髪型、ヘアカラーをした女性がたくさん!

ブロンドだったブルネットだったり、ボブからロングまで。

東洋人からウェスタン系の女性たち、皆さん素敵な髪型・髪色をしているではありませんか。

海外のブロンド女性はブリーチしてブロンドをキープしています。

その色の入り方、ハイライトの入れ方がめっちゃ素敵なんです。

その当時ブロンドに近いカラーでハイライトも入れたかったので「もうこれはローカルの美容院試してみるしかない!」という気持ちで決めました。

自分の経験上、海外で髪のカットだけならは日本人美容師さんはとても上手です。

しかし「カラー」に関して、特に「ハイライト」に関しては経験上、海外の美容師さんの方が腕が高いと思います。

海外での美容院の選び方と値段

「美容院選び」「値段」はセットで考えなくてはなりません。

結論から言うと質の良い美容院は値段は半端なく高いです。(特にカラーをすると)

「プロが責任を持って時間をかけてお客様のニーズにサービスを提供する対価」

の考えは日本とは全く異なります。

簡単に言うと「良いモノ・サービスが欲しいならお金だして当然」ってこと。

提供者はサービスだけでなく貴重な時間も対価に入れています。

時は金なりと言いますが当然だと思います。

これは美容室に限った話ではなく教育、レストラン、その他のサービス業等含め全てに関してです。ワンコインランチとかないですからね。

値段は美容師さんの経験や髪の長さ、スタイルによって変わりますが下記を参考に。

カウンセリング時にお見積りを立てて事前に金額を教えてくれますよ。

●カラー・ブリーチ&カット 約4時間 $600-$650

●カット 約1時間 $150

ということで大事な髪の毛ですからネットで口コミなど色々調べEdwardsAndCo SurryHills-Crown stに決めました。

【営業時間】

月曜日・火曜日 10:00-18:00

水曜日・木曜日 10:00-21:00

金曜日 10:00-18:00

土曜日 8:00-16:00

日曜日 定休日

オーストラリアのシドニーではサリーヒルズに2件あります。

Surry Hills – Crown St

Surry Hills – Kippax Street

オーストラリア内で他にもゴールドコーストメルボルンブリスベンFITZROYFortitude Velley、バイロンベイと店舗があります。

美容院のHPには実際そこで仕上げられたヘアスタイルが写真に上がっていますので、好みのヘアスタイルが多かったEdwardsAndCoに決めました。

実際に海外ローカルの美容院に通う感想

私はシドニーEdwardsAndCo SullyHills-Crown stの美容室に初めて行って依頼「大大満足」だったので、このヘアサロンをリピートしています。

希望ヘアスタイル伝えるには英語とか日本語とか以前に「写真を見せる」と分かりやすいです。

そして

伸ばしているのかor切ってもいいのかを伝える

●好きなスタイルと嫌いなスタイルを伝える(重めカットが好き、髪をすかないで等)

それらを伝えてからプロの美容師としてどう思うか、出来るか等こちらか質問して、意見が一致したところで始めてもらいます。

あとは時間をたっぷりかけて理想の髪形にしてくれます。

基本的にすべての作業を1人の担当美容師が行います。

アシスタントに任せるのはシャンプーとヘアカラーの洗い流し、ヘアドライくらいです。

私の担当美容師Aidanは「少しのカラー塗るのでさえ他の人に任せたくない」とよく言っています。

「仕事は?」「出身は?」「休みの日は何を?」

などいちいち面倒くさい会話なし。

EdwardsAndCoのすべての美容師さんはお客様の髪の毛に全集中を注いでいます。

担当美容師のAidanは私が日本人だか何人だかも知らないと思います。

そんなんどうでもいいんです。私は自分の髪を綺麗にする為にここに来ているのですから。

お客さんはお金を払って美を提供されるのを4時間くらい待ってるだけ。

「面倒くさい会話なんかいらない、いくらでも時間をかけていいから私を綺麗にして」

という雰囲気が漂っています。

ラップトップ持ってきて仕事をしている女性お客様が多いです。

あとはUber Eats頼んでヌードル食べてるお客さんとか(笑)

私はいつも本を持っていく。

あとEdwardsAndCoでは私のようなアジア人のお客さんはほとんど見ないので、初めての時ヘアカットが心配でした。

しかし彼らは当たり前ですが相当な経験を積んで有名サロンで美容師をしているのです。

この時代にアジア人の髪の毛切ることくらい普通です。

いつも素敵な髪型・カラーをしてくれて本当に大満足です。

シドニーのヘアサロンEdwardAndCoで作られた私の髪形

全てシドニーのヘアサロンEdwardsAndCoで担当美容師Aidanにやってもらった髪型です。

ちょっと分かりづらいですが、ロングの時にアッシュ系ブロンドとハイライトを入れた時。

くすんだ色加減が絶妙でお気に入りだったし、それまでずっと黒髪だったので好評だった。

たまに起こる「ボブにしたい症候群」によりロングからボブヘアに(笑)

前回のブロンドとハイライトがいい感じに残っていたのでカットだけでカッコよくなりました。

毛先を少し空いてもらって流れが出るようにカットしてもらいました。

センターパーツで巻いてもいい感じになる。

最後の下の↓写真が最新版かな。

センター分けの重めのボブだけどAidanおススメの暖かみあるアッシュカラーとハイライトがめっちゃ肌色をよく見せてくれたのでお気に入り。

内側にも結構ハイライトが入っているので結んだ時にもカッコよく決まる!

カラー時は必ずハイライトも入れるので、カラーリングするのは年に1、2回ほど。

あとは気が向いた時やイメチェンしたいときにカットって感じ。

海外で美容院に行くのは1年に平均3回くらいですかね。

海外のヘアサロンのメリット&デメリット

メリット

●カラーリング、特にハイライトの入れ方が鳥肌立つほど上手い。

●お客様のヘアスタイルに全てをかけてる感と仕上がりレベルが高い

●面倒な会話はなし。

●長時間の間、パソコンやら読書してられてUberEatsを頼んでも変な人に思われない。

デメリット

●シャンプーの下手さ加減が半端ない

●シャンプー時に急にお湯が冷たくなったり、熱くなったりする。

●ヘッドマッサージは少ししてくれるけど、肩のマッサージサービスはなし

●サービス業でも自分たちの休みはしっかり確保→日曜定休日(笑)

●日曜定休日だから土曜の予約が取りづらい。

まとめ

海外でローカル美容室に行くのを躊躇っていましたが勇気を出して行ってみて本当に良かった。

特にEawardsAndCoのヘアカラーとハイライトは本当におススメです。

値段は高いですが私はハイライトを入れるのでさほど頻繁に行かなくても素敵な髪型をキープできるのも嬉しい点です。

次回は軽く前髪を作り、ちょっと伸ばしてカラーリング&ハイライトの予定。

タイトルとURLをコピーしました