【びっくり英語の世界】その単語、日本語でも通じますよ!

シドニー生活

海外に住んでいて、現地の人から当たり前のように“I love Yakigyoza(焼き餃子)”とか言われると日本人としてちょっと誇らしい気分になるものです。

てか”餃子”ならともかく、”焼き餃子”って言っていますからね。

(あ、でも水餃子は浸透してなくて”Boiled dumplings”って言っています。笑)

それでは海外で、意外にもそのままで通じる日本語の単語をご紹介したいと思います。


うどん

私の住んでいるオーストラリアの方々は日本人よりうどんが好きなのでは?と思うほど。

皆さん”Udon noodle”と口々におっしゃっていますね。

今やほとんどのスーパーに乾燥うどんとたまに生のうどんも売られています。

そばも売られていますがあまり知られていないです。

ヘルシー志向のオーストラリア人ならそばもハマるのではないかと思います。

オーガニックなんだ・・・。

お好み焼き

これもわざわざ”Japanese vegetable pan cake”などと言わなくても通用します!

もう”Sushi”と同様レベルに通用するのではないでしょうか。

お好み焼きソースもキューピーマヨネーズも現地で買えます。

焼き鳥

オーストラリアの子供に”Yakitori作って!”と言われ、ちょっとだけふざけんなって思いました。

焼き鳥は知っているけれど、これって家庭で作るものじゃないんだよってことは知らないんですよね(笑)

でも作ってあげましたけれど使う砂糖の量、半端なかったです。

キューピーマヨネーズ

いやーーー、これには驚いた!

日本大好きとか関係なく、オーストラリアのご家庭の普通に冷蔵庫に入っていますからね。(私の今まで関わって来たオージーたち、ほぼ100%キューピーのマヨネーズ持っていました。)

海外のマヨネーズはなんというか甘いんですよね。

こちらもスーパーで$5くらいで買えます。

もはや高いのか何なのか良く分かりませんが、ひとつ言えることは「キューピーマヨネーズのためなら$5も惜しくない」ということです。

パン粉

Panko、、、普通に $2.30で売られています。

日本大好きのオージーのご家庭に行くと日清のソフトパン粉が置いてあります。

もちろん私もパン粉を買うときは日清を選びます。

折り紙

 

こちらもJapanese paper artなどど言わなくても通じます。

しかもちょっとした会などで鶴を折って見せてあげたりするとその場の時間が稼げたりします。

オーストラリアの子供たちの折り紙好き度は半々かな。

日本好きな現地の子たちち折り紙するよーって言うと”よっしゃー”てマジで喜んでいます。

ただ手先の器用さ(って言ってもそんなにすごく細かい作業じゃないよね?)が違う海外の子供たちには小さな紙を端から端に折るという行為がストレスに感じるらしくカーッとなって投げ出してしまう子も多々います。

でもとにかく”Origami”という単語は通じます。

Kumon(公文)

これにも超びっくりしましたよ!!!

ベビーシッターしてた時に小学校の子供たちを公文に連れて行ってたものです。

宿題の採点とかしていたなー。

公文の算数は日本独特の計算方式みたいですね。

普通に住宅街に公文の塾があって小学校帰りのオーストラリアの子供たちがクラスに入っていくんです!

みりん

海外の日本料理のレシピ本読んでるとMirinは必ず材料に入っています!

まとめ

 

日本語でも通じる単語ってSushiやSukiyakiだけじゃないんですね。

その他にもラーメンとか海苔とか酒とかどんどん日本語が世界に通用してきています。

やはり日本食の文化が強いのでしょう、食べ物に関する単語が多いですね!

個人的に願っているのはMiso soupではなくMiso-shiruで通用するようになってほしいということ。

頑張ってMisoまで言っているのに途中でsoupになってしまうのがとても中途半端・・・。



タイトルとURLをコピーしました